インドの貧しい農村にある「裸足の大学」が、なぜ世界的な教育イノベーションを起こしたのか?

SPONSORED LINK
Innovation of barefoot college

[email protected]_waです。

途上国における教育において、どのようにイノベーションが起こるのか、学生の頃から興味がありました。

そのヒントをインドの農村部にある学校「裸足の大学」から学びましたので、ぜひご紹介します。

 

「裸足の大学」とは?

Innovation of barefoot college1

「裸足の大学」をご存知ない方はぜひ以下の記事をご覧ください。1分で読めます。

TEDカンファレンスの中でも人気が高いバンカー・ロイさんが創設した「裸足の大学」のストーリー。

貧しい人しか入ることしかできないインドの農村部の学校は、太陽光発電装置の導入をはじめ、高い技術力を磨くことができます。

海外からの入学者の多く、アフガニスタンから来た女性たちは、自国に戻って100の村での太陽光発電導入に大きく貢献しました。

アフリカ最貧国のシエラレオネから来たおばあさん2人は、職業訓練校で150人の生徒を指導して大統領から高い評価を得ました。

世界最高の教育機関と呼ばれるようになった「裸足の大学」。この教育イノベーションはどうして起こったのでしょうか?

 

【ヒント1】ガンジーの言葉

Innovation of barefoot college2

TEDカンファレンスの最後にロイさんはガンジーの言葉を引用しています。

First they ignore you, then they laugh at you, then they fight you, and then you win.
(はじめに彼らは無視し、次に笑い、そして挑んでくる。結果、私たちは勝つのだ)

裸足の大学は、ガンディーの生活と労働のスタイルを取り入れており、富や名声に拘る生徒たちはいません。働くため、挑戦するために生徒たちは学校に来るのです。

ロイさんも貧しい農村部で暮らすことを決めたとき、多くの人から反対されました。貧しい人たちだけのための学校を作るといっても農村部の人たちから疑われました。

それでも、最後まで自分の価値観を曲げなかったロイさん。イノベーションのカギは、99%の人に反対されても揺るがない確固たる価値観にあるのでしょう。

 

【ヒント2】12歳の総理大臣とアフリカのおばあちゃん

Innovation of barefoot college3

「裸足の大学」では、様々な人たちの可能性を引き出しています。

学校の選挙制度によって総理大臣になった12歳の女の子は、150の学校と7,000人の生徒を管理・監督しています。あまりの堂々とした振る舞いに、スウェーデンの女王が感動したこともありました。

インドへ留学に来たアフリカのおばあちゃんたちは、自国で太陽光発電装置の導入など、国の発展に大きく貢献しました。ただのおばあちゃんが、コミュニティづくりのスペシャリストになったのです。

「裸足の大学」では、年齢や性別に縛られず、お互いの可能性を引き出すよう、生徒自身が尊重し合っています。

この双方向の学びが、生徒たちの力を一気に引き伸ばしているのでしょう。

 

【ヒント3】45年続く愛の物語

スクリーンショット 2012 11 03 23 02 48

ロイさんのTEDトークはこんな言葉から始まります。

皆さんを別世界にお連れしましょう。 1日1ドル以下で暮らす貧しい人々との、45年に及ぶ愛の物語をお話しします。

「裸足の大学」創りが始まったのは1972年。今から50年も前になります。

青年がおじいさんになるまで、ロイさんは自分の決めた道を歩き続けてきたのです。

これはすべての事業において言えることだと思いますが、打ち上げ花火のように一瞬だけ光り輝く事業をイノベーションとは言いません。

年を重ねるごとに光が強くなり、自然と広がっていく流れこそイノベーションと呼ぶに相応しいです。

「愛」という灯油によって、50年間光を燈し続けたからこそ、「裸足の大学」は教育イノベーションと世界中から評価され得ているのです。

 

今回のカギ

いかがでしたか?教育に限らず、ビジネスをする人、NGOを運営する人にも役立つノウハウだったのではないでしょうか?

最後にもう一度「裸足の大学」が教育イノベーションを起こした3つのポイント(カギ)を整理すると、

■1.99%の人に反対されても揺るがない確固たる価値観を貫き、
■2.偏見に縛られず、あらゆる人たちの可能性を信じ、
■3.愛をもって50年間コツコツ努力し続けること

です。

これから仕事をする上でも常に意識しておきたい最高の学びでした。

@3_wa

 

参考記事

日本の大学生も教育イノベーションに挑戦しています。「最貧国ドラゴン桜」に挑む若者の挑戦。まだご存知ない方はぜひご覧ください。

SPONSORED LINK
インドの貧しい農村にある「裸足の大学」が、なぜ世界的な教育イノベーションを起こしたのか?