案外忘れがちなiPhoneの「緊急電話」機能とその使い方(110,119,118,911)

SPONSORED LINK

Emergency call

 

[email protected]_waです。

最終的には、しばらく安静にしていれば治る(社会人ならよくかかる?)病気なことが分かったのですが、沢山の方にご心配おかけしました。

特に参加予定だったiCUG [email protected]を予定していたe-Educationチームの皆には迷惑をかけました。申し訳ありません。

 

さて、話は変わりますが、昨日はじめてiPhoneの緊急電話サービスを活用したので、その経験をシェアしたいと思います。

 

iPhoneの緊急電話機能

知っているようで、案外知らない緊急電話機能。

今回はじめてお世話になった?緊急電話機能を紹介します。

 

どうやってかけるのか?

まずロックを解除してパスコード入力画面に映りましょう。すると、左下に「緊急電話」と書かれたボタンがあるのでタップします。

 

Emergency call01

 

次にかけたい番号を入力しましょう。救急車を呼びたい場合は119です。番号を全て入力したら電話のアイコンをタップしましょう。

 

Emergency call02

 

ちなみに、上の画面で表示されている「緊急電話」という文字は数秒ごとに違う国の言葉に変化しますが、電話機能が変わるわけではないのでご安心を。

 

どこにかけるのか?

これも忘れがちなこと。消防車に電話をかけたいときは?海の上なら?海外なら?この機会に整理しておきましょう。

110:警察

基本ですね。自分が事故にあったとき以外にも、誰かがトラブルに巻き込まれていたり、事故現場に出くわした時はこの番号に通報しましょう。

119:救急&消防

救急車はすぐに思い出せるのですが、消防車を忘れてしまうのは私だけでしょうか?今回電話した時も「消防ですか?救急ですか?」と聞かれてハッと思い出しました。どちらも119番です。

118:海上

私は実家が海の近くだったため、よくポスター等で見たことがありましたが、海上から緊急電話をかけるときは118番です。118番にかけると海上保安庁に繋がります。海に遊びに行く際には、ぜひチェックしておきましょう。

911:アメリカ&カナダの緊急電話

昔「911事件(同時多発テロ事件)」があったときに「緊急電話の番号と合わせて覚えよう」といったニュースが流れたため、この番号だけはしっかり覚えています。アメリカでトラブルがあったときは911番です。警察も救急も消防も全部同じ番号です。電話の掛け方等は下のページをご確認ください。

Consulate-General of Japan in Los Angeles

各国の緊急電話先

海外旅行の際はぜひチェックしておきましょう。韓国の119番や中国の110番など、同じ番号で繋がることもあるので一回でもいいのでチェックしておきましょう。Wikiに詳しくまとまっています。

緊急通報用電話番号 – Wikipedia

 

注意すべきことは?

今回の反省も兼ねて、iPhoneの緊急電話機能について少し調べてみました。知らなかったこともあったので共有します。

他の人の携帯からでもかけられる。

当然といえば当然ですね。パスコードを入力する必要はありませんから、たとえば近くに落ちていたiPhoneからでもかけることができます。友人がiPhoneユーザーという方にもぜひ覚えて頂きたいです。

緊急電話先以外にはかからない。

こちらも当たり前と言えば当たり前ですが、今回家族に電話しようと思ったときに緊急電話は使えませんでした。なので、パスを知らない他の人の携帯から自宅に電話することはできません。要注意ですね。

緊急電話ならかかってしまう。

こちらも要注意です。子どもが携帯をいじって、誤コールなんてこともあるようです。驚いたのが911番でも緊急電話がかかってしまうということ。遊びでかけたり、子どもが間違ってかけてしまうと非常に迷惑がかかるので注意しましょう。

 

あとがき

以上ですが、いざというときに必要な知識はなかなか出ないものです。なので、今回のことをキッカケにEvernoteに「万が一」というノートを作って定期的にチェックするようにしました。

仮に10,000回に1回しか起こらないことだとしても、30年に一度は起こってもおかしくないのです。そんな一回をしっかり乗り越えるためにも、もっと準備をしておこうと思いました。

 

@3_wa

SPONSORED LINK
emergency_call