readability01.jpg

これは使える!Readability×Reederの「2段階フリック」が本当に素晴らしい!

Readability01

最近、Readability™Reederの連携が楽しくて仕方ありません。

特に便利だと思うのがReederのフリック操作。最近気が付いたのですが、一般のフォルダ内の記事とReadability専用フォルダ内の記事とではフリック操作の内容が(自動で)切り変わります。

敬意を表して、私はこれを「2段階フリック」と読んでいるのですが、この素晴らしい機能を紹介します。(ネーミングセンスなくてすいません。。。)

 

その前にReadabilityとReederの連携って?

 

RSSリーダーであるReederにReadabilityを使って全文化した記事を読み込ませる、以上です。

・・・一言でまとめようとすると難しいですね。

ここは偉大なるライフハック系ブロガー様の記事をご確認ください。

kouseipapa.net/i » Readabilityから「あとで読む」について色々と考えてみた。これに乗り換えよう。
この記事がおそらくReadabilityとReederの連携を日本中に広げた起爆剤。本当に感謝です!

すべての「あとで読む」をReederに集約せよ!ReadabilityとReederの相性がもの凄く(・∀・)イイ!! | けんけん.com
すごく分かりやすいまとめ。iPhoneアプリのみならず、WebやiPadでの登録&操作方法について詳しく書かれています。0から始めたい方はこちらを!

RSSリーダーがソーシャルリーダーに!Twitterで気になった記事を「Readability」に送って「Reeder」で読むように設定するとRSSリーダーが超進化する。 * 男子ハック
Tweetbot→Readability→Reederの連携など、すぐ役立つ情報が盛りだくさんの記事です!凄いまとめ力!

 

概要は掴めたでしょうか?それではタイトルにある「フリック」についての話しましょう。

 

1. よく知られているフリック操作

 

みんな大好き、フリック機能。

数あるRSSリーダーの中からReederを愛用している大きな理由の一つです。右にフリックすると既読になり、左にフリックにするとあらかじめ設定した操作を実施します。

 

Readability02

 

左フリックで選べる操作は4つで、「★をつける」「Instapaperに送る」「Read It Laterに送る」「Readablityに送る」の中から一つを選ぶことができます。

 

Readability03

 

私は現在「Readabilityに送る」を選んでいますが、Readabilityはアカウントを登録するとUnread(未読)のすぐ下に専用フォルダが作られます。

 

Readability04 1

 

これで「2段階フリック」の準備が整いました。

 

2. あまり知られていないフリック

 

ここからが本題。

Readability専用フォルダ内の記事の場合、先ほどとフリック操作が異なります。

 

Readability04 2

 

右フリック:既読にする

まず右フリックですが「既読にする」です。

「・・・同じじゃん。」

と突っ込みたくなる方、もう少しお待ちを。操作自体は同じでも、活用方法はずいぶん異なります。

一般のフォルダに話が戻りますが、正直なところ私は右クリックをほとんど使いません。既読にするときは一番下のチェックボタンを押すのです。

 

Readability05

 

しかし、Readability内のフォルダには一番下のチェックボタンがありません。さらに記事を「▲▼」ボタンを使っても移動しても未読になりません・・・。

 

そんなときの、右フリック。

 

既読するには右フリックするか、記事を読んでいるときに未読ボタンを既読に変える(●→○)しかないのですが、今度は右フリックが断然お勧めです。

一般フォルダではあまり使わない右クリック、Readability専用フォルダでは頻繁につかう右クリック。同じ動作でも活用方法は大きく異なります。

 

Readability04 2

 

左フリック:★(スター)をつける

最近気がついた機能がこれ。Readabilityのフォルダ内では左にフリックすると「★」をつけることができます。

これが・・・本当に便利!!

私はブログの記事になりそうなネタに「★」をつけているのですが、全文を読まないと判断できないことがありました。だから、ちょっと興味がありうそうな記事には「★」をつけていたのですが、これだと自分の勉強用の情報とブログにしたい情報がごちゃごちゃになり混乱します。。。

そんな悩みを解決してくれた2種類の左フリック。一般フォルダ内の記事で悩んだら左にフリックしてReadabilityへ送り、その後Readability専用フォルダ内で左にフリックして「★」をつけます。

 

Readability07

 

これにより、「あとで読んでみたい」「全文化したい」というスクリーニングと「ブログの記事にしたい」というスクリーニングを切り離して考えることができ、悩む時間が驚くほど減りました。

ちなみに、「★」をつけたフォルダから左フリックするとReadabilityに飛ばして後で読むことができます。つまり★→R、R→★の両方ができるわけですね。まるでEvernoteのフォルダ移動とタグ付けの如し。目的ごとに記事を整理することができ、ストレスフリーで情報を取捨できます。

 

まとめ

 

2段階フリックとその使い方のまとめです。

1. 一般フォルダ内の記事

右フリック:既読にする(使用頻度少)
左フリック:Redabilityに送る

2. Readability専用フォルダ内の記事

右フリック:既読にする(使用頻度多)
左フリック:★をつける

ポイントは、右フリックを使う場面を限定することと、Readabilityと「★」をフォルダとタグのように別々の軸で管理することです。

これで情報収集の効率がグーンと上がりそうです。

皆さんも良かったらReadability×Reederで楽しいフリックライフを!

 

Reeder 2.5.4(¥250)App
カテゴリ: ニュース
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi(サイズ: 4 MB)

Readability™ 1.0.2(無料)App
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Readability, LLC – Readability LLC(サイズ: 9.3 MB)

@3_wa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered byBackType