Googleの新しい社会貢献!発展途上国にインターネットを無料提供するGoogle Free Zoneに期待!

SPONSORED LINK

[email protected]_waです。

そんな私にとって衝撃的なニュースが飛び込んできました。

Googleが途上国でのインターネットサービスの無料提供を開始するとのニュースです。



 

Google Free Zoneとは?

Google Free Zoneは、携帯電話を活用したサービス。携帯からGoogleの主要サービス(Google検索、Gmail、Google+)を使っても、インターネット代がかからないというスキームです。

ご存知の方も多いと思いますが、途上国はパソコンよりもスマートフォンをはじめとした携帯電話の普及率が圧倒的に多いです。

このGoogle Free Zoneの登場により、途上国の人たちのデジタルデバイドが解消され、Googleの新興国展開も進みます。まさにWin-Winな社会貢献と言って良いでしょう。

 

まずはフィリピンから

Google Free Zoneは、フィリピンの大手通信キャリア・Globe Telecomと提携し、第一弾の導入が開始されます。

フィリピンは携帯電話の普及率が90%近い先発途上国。この連携により、携帯電話の活用幅がさらに広がることが期待されます。

ASCII.jp:Google、発展途上国を対象としたGoogle Free Zone を提供開始 まずはフィリピンから

 

Google Free Zoneの課題

Google Free Zoneは決して完璧なサービスではありません。

Google検索結果を見ることができますが、そのページから新しいページにジャンプすると、通信会社が切り替わり、パケット代が発生する仕組みになっています。おそらく最初は混乱する方もいるでしょう。

しかし、それでもGmailの利用を始め、携帯電話の可能性が一気に広がったのは言うまでもありません。フィリピンでのプロジェクト成功に大きく期待したいです。

Free Zone powered by Google – Google

 

今回のカギ

今回のカギは、

■デジタルデバイドに負けない社会作りを

です。

ネットから得られる情報は毎秒ごとに増えており、ネットユーザーと被ネットユーザーで大きな情報格差が生まれています。

Google Free Zoneがこの深刻な社会問題を切り開くカギになるか、これからしっかりフォローしていこうと思います。

@3_wa

Posted from するぷろ for iPhone.

SPONSORED LINK