初めての海外出張で気をつけるべき5つのこと

SPONSORED LINK



 

[email protected]_waです。

今回の海外出張は事前の準備から現地の活動まで初めてのことが非常に多い出張でした。

反省も踏まえ、海外出張する際にもっと意識したい5つのことを整理します。



 

 

1.準備!準備!準備!

出張の成功は事前準備で決まります。

野球を例にすると、いきなり試合に出てホームランを打てることはまずありません。相手を研究し、実践を想定した練習を繰り返すことで初めて結果はついてきます。

出張は事前準備が勝負です。全体の計画の念入りなチェックと、各打ち合わせごとに必要な書類の整理、報告書の下書きなど、出発前にできることは沢山あります。

できることは全て日本でやってしまう。これが出張のレベルをあげる一番のコツです。

 

2.早起きして計画を確認しよう!

出張の一日を決めるのは朝です。

出張は日常業務とは全くの別環境です。違う場所、違う生活、違う人々。普段と同じイメージで一日を始めると、後で痛い目にあいます。

だからこそ、予習です。どんなに出発前に事前準備をしっかりしたとしても、朝早起きして一日の流れをきちんと整理しましょう。

 

3.今だけのリアルを楽しもう!

柔軟さ、これが海外で仕事を上手く進めるコツです。

どんなにしっかり計画を作っても、なかなか思うようには行きません。私のように途上国をフィールドに仕事をする人なら、尚更のことでしょう。

アクシデントが起こっても、計画とのズレをすぐに判断し、柔軟に予定を変更する。この臨機応変さが出張の鍵なのです。

それから何気ない日常も楽しみましょう。車の窓から見える景色から学ぶことも沢山あります。目の前のことに集中する。そのためにも、事前準備や朝の計画確認が重要なのです。

 

4.その日のうちに振り返ろう!

一日の振り返りは、その日の夜に必ずしましょう。

出張は新しいことばかりです。次の日になれば、前日以上に新しいことが待っているかもしれません。だから、振り返るならその日のうちにするべきなのです。

できることなら、こまめに振り返りをしておきましょう。会議や打ち合わせの際はどのようにまとめるかを意識しながらメモを取りましょう。

 

5.出張中に全て終わらせよう!

報告書は、家に到着するまでが勝負です。

出張から帰ってきたら、待っているのは日常です。未読メールの処理、回覧物の確認など、いつも以上に忙しい毎日が再開するでしょう。

報告書や資料の整理は、そんな日常が始まるまでに終わらせましょう。帰りの道中でもできることなら沢山あります。気が緩みそうなところをぐっと堪えて最後もう一踏ん張りしましょう。

 

 

まとめ

今回の出張では、意識はあったものの全て上手くはいきませんでした。

あとは実践と反省の繰り返しです。次の出張ではもっとこの5つのことを意識して、行動したいです。

以上、これから出張にいかれる方、出張がなかなか上手くいかない方のご参考になれば幸いです。

@3_wa

Posted from するぷろ for iPhone.

SPONSORED LINK
slooProImg_20120618204308