あれもこれもしたい好奇心旺盛な方へ。まずは1週間かけて1つ実験してみませんか?

SPONSORED LINK

[email protected]_waです。

学生のころはすべて時間をかけてじっくり試すことができました。

しかし、社会人になると時間が限られ、全ての可能性を試すことは非常に難しいです。

そんな悩みを持つ方にぜひお勧めしたい「1週間の実験」についてお伝えします。



 

この2週間で試した2つの実験

この2週間、「オフラインな生活」と、「iPhoneのみでブログを毎日更新」という2つの実験をしました。

SNSのタイムラインやRSSフィードに疲れている方。オフラインな生活はいかがでしょう? | Edu Dev.net
iPhoneだけでブログを一週間書き続けて気づいた3つのこと | Edu Dev.net

以前から試してみたかったのですが、生活のリズムを変えるのが怖くて、後回しにしてきました。

しかし、1つずつ1週間単位で試してみたら、思ったよりもうまくいったのです。

 

なぜ1週間がいいのか?

一番大きな理由は、生活のサイクルが1週間だからです。

スタートの月曜日、中だるみの水曜日、追い込みの金曜日と、生活は曜日ごとに変化します。
土日と平日でもやはり生活の波は変わりますので、毎日続けるような実験であれば1週間単位で区切るべきでしょう。

また、計画を立てやすいのも大きな特徴です。

月曜から仕事がはじまる社会人であれば、日曜日の夜に1週間の予定をきちんと組みましょう。

実験に当てるための意識や時間を整理して万全の状態で挑めば、1週間は高い意識で生活できます。

計画と準備ができれば実験はほとんど成功したようなものです。

 

実験をする上で一番大切なこと

それは毎日の振り返りです。

実験で大切なことは実験後の考察です。毎日記憶が新しい状態でコツコツ振り返れば、学びの密度は濃くなります。

1日5分で構いません。実験からの学びや気づきをとにかくメモして整理しましょう。

長いようで短い1週間。1日1日を大切に!

 

まとめ

以上を整理すると、

まず挑戦する実験を1つに絞って、
週の始めに1週間の計画をしっかり練り、
毎日こまめに振り返る

これさえできれば実験は上手くいくはずです。

人間はすぐには変われませんが、やってみないと分からないことも沢山あります。

ちょっとした手ごたえと、経験に基づいた学びが生まれる1週間という時間。

あれもこれもやりたいという好奇心旺盛な方々。まずは1週間単位で実験してみませんか?

@3_wa

Posted from するぷろ for iPhone.

SPONSORED LINK
slooProImg_20120626085820