幸せな夢と有り難い現実

SPONSORED LINK
photo credit: michibanban via photo pin cc

昨日、幸せな夢を見ました。

どこかへ旅立つ自分のために、
これまでお世話になった皆が集まってくれる。
そんな素敵な夢を見ました。

…否。

夢ではなく、昨日そんな幸せな出来事がありました。
それは下記講演会での出来事でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2010年3月11日(木) 19:00~[email protected]

[email protected]ス・インターナショナル」創設者
枋迫篤昌(とちさこ・あつまさ)氏 講演会
~世界が認める社会起業家のアントレプレナーシップ~

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今回、WISE(http://wasedawise.org/)という団体のお力を借りて、
私が主導で企画させてもらった、おそらく学生最後となるイベント。

そんなイベントに私がこれまでお世話になった方々が大勢いらしてくれたのです!!

・大学に入学して初めて受けた授業の恩師

・合宿の一芸大会に命をかける野球サークルの球友

・法律以外のことに全力を尽くす法律サークルの友達

・タコという言葉をやたらと用いる授業の仲間

・海外放浪を応援・支援してくれたゼミの後輩

・そんな海外放浪で出会ったヴァガボンド達

・丸ビルでPCと格闘したバイト先の先輩達

・一緒に大工作業をしたインターン先の戦友

・十人十二色の内定先の同期

・最近知り合ったキラキラした目を持った方々

そんな皆が、大好きな皆が、忙しい中講演会に来てくれました。

壇上に立ち、最初の挨拶をするとき、思わず足が震え、
休憩時間、壇上から皆が笑っている様子を見て、目頭が熱くなりました。

なんて幸せなんだろう…。

自分が最も尊敬する方のお話を、
自分がこれまで本当にお世話になった人達に届けられる。

一つの空間に、
大好きな皆が集まっている。

まるで卒業アルバムを見ているかのような光景に、
司会者にも関わらず嬉しすぎて泣きそうになりました。

「なんで大学に入ったのか?」

今ならこの質問にハッキリと応えることが出来ます。

“皆と出会うために”

そのために大学に入り、
そのための時間を買ったのだ、と
今なら胸を張って言えます。

大学に入って本当に良かった。
皆と出会えて本当に良かった。

こんなときこそ、
あの言葉を使うべきなのでしょう。

滅多に巡り会えない素敵な出来事に、
有ることが難しい奇跡のような時間に
精一杯の感謝を込めて、

本当に

本当に

有り難うございました!!!

SPONSORED LINK
happy_dream_and_great_real